金のビールを飲んでみたけど、セブンイレブンはすごいなあと思ったりするのです

金のビール
セブンブランドの商品である『金のビール』を飲んでみました。
いやあ、セブンイレブンの「金の〜」シリーズって、けっこうおいしいものが多いですよね。
「金の生チョコ バニラアイス」とか好きなんですよねぇ・・・僕。

他にも「金のパン」だとか「金のコーヒー」だとか「金のハンバーグ」だとかいろいろありますけれども、あんましハズレがないというか、むしろものすごく美味しいものが多いです。

セブンイレブンって、現在日本で一番のシェアを得ているコンビニなのですが、それだけの大きな企業になることが出来た理由というのは、この「金のビール」を飲んでいると感じるところがあるのです。

濃厚系な味わいな「金のビール」

金のビールって、けっこう美味しいビールだと思うんですよ。
どちらかというと、世の中に数あるビールの中では濃厚系の味のビールですね。

非常に「コク」があると言い換えても良いかと思うのですが、だからと言ってしつこすぎないような絶妙なバランス感覚だったりするのです。

そんなことなので、相当な完成度のビールだということになるわけです。

金シリーズ

セブンイレブンの金の〜〜シリーズってホントにすごいと思います。
だって、あんまり外れとかがないからなんですよねぇ。
金のシリーズは基本的には全部美味しいのです。

標準以上のクオリティな製品が多い印象です。

近所のセブンイレブンとかイトーヨーカドーとかに行って食べたことのない「金の」と書いてある物を見つけちゃうと、つい買っちゃうことも多いです。
なんというか、期待しちゃうんですよね。
僕だけかもしれないですけど、「セブンなら大丈夫」みたいな感覚がありまして、そんでもって実際に味わってみると感動することがけっこう多いのです。

う~んやるなあセブン・・・と思ってしまうのです。
金のビール

金のビールの製造元は・・・

金のビールって、最初飲んだ時に「セブンってビールとか作るの初めてだろうにすげ~うめぇ〜」とか思っていたのです。

でも、金のビールは缶に大きく「SUNTORY(サントリー)」と書かれているので、おそらくその通りにサントリーで作られているのだと思います。
サントリーといえば、非常に大企業な歴史ある飲料品メーカーなわけですから、まあ当然ビールくらいはちょちょいと作れるものなのかもしれません。

まあ、でも金のシリーズにふさわしいなあと思うのは、やっぱりその濃厚な味わいだったりします。
金の食パンとかが非常にわかりやすいと思うのですが、このシリーズってとっても濃厚な味の製品が多いのですよね。

金ビールもその例にもれなくてですね、非常に濃厚かつ適度に飲みやすいという、世の中の人が求める味のバランスをしっかりと追求しているビールだと感じております。

まとめ

金のビールはけっこう好きな味でして、定期的に飲ませていただいている気がします。
実は、ビールにしてもその他のお酒にしても、僕は辛口系でスッキリした味のお酒が好きだったりするのです。(なんでも美味しく飲むけどね)

でも、金のビールは意外と濃厚系の味わいでありながらも、見かけると飲みたくなってしまって、飲むことが多いビールの1つでございますね。

セブンイレブンブランドの製品だけあって、非常に完成度の高い味バランスのビールだと思っております。

コメント

  1. 匿名 より:

    今日買ってみてものすごいまずくて「金のビール まずい」で検索してきました

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。