【日本酒が苦手な理由】体質に合わない酒というのは人によって違う

いろんな種類の酒
この世の中には、いろんな種類のお酒が存在しています。
そして、人それぞれ好きなお酒があったり、嫌いだったり苦手なお酒というものが存在しているはずです。

このブログのプロフィールにも書いてあるのですが、僕の場合は『日本酒』だけは苦手なのですよね。
他の洋酒だとか焼酎だとかのお酒だけは、たいてい好きで、何でも飲めるのですが、日本酒だけはどうしても避けたくなってしまいます。

というのも、どうにも日本酒を飲むと酔い方が激しくなっちゃうのですよね。
ちょっとへんな感じのフラフラ感があるし、なんと言っても次の日に残りやすいのです。
だから、味がどうとかではなくて、悪酔いしてしまうので、なるべく日本酒だけは避けるようにしているのです。

でも、世の中には日本酒大好きな人が多いというのも事実です。
おそらく、人によって体質的に合うお酒と合わないお酒というのがあるのでしょうね。

悪酔いしちゃうお酒とは

実は先日、久しぶりに再会した学生時代の友人とお酒をいただく機会がありました。
でも、ちょっと問題があって、その会場には日本酒だけしか置いていなかったのですよね。
で、その場には初対面の人もたくさんいたので、「日本酒が苦手!」とか空気の読めないことは言うことが出来ずに、日本酒をがぶがぶと飲んでしまったのです。

ええ・・・もちろん二日酔いになりました。

その飲み会で用意していただいた、日本酒は非常に美味しい物でした。
なので、味としては全く問題なくて、むしろ「日本酒ってこんな美味しいのがあるんだ〜」と感動しながらいただいたのです。
でも、たくさんの日本酒を飲んでしまうと次の日だとか、運が悪いとその場で気持ち悪くなってしまうことがあるのです。

やっぱり、僕の場合は日本酒だけは体に合わないようなのですよね。
せっかく美味しいのに、(たくさん)飲めないなんて残念!

ちなみに、「泡盛」だけはたくさん飲んでも、次の日も爽快な感じで目覚めることができる気がするのですよね。
だから、ちょっと調子悪そうだなとか思う日には、泡盛をいただくのが我が家の定番となっております。

ホント何なんでしょうね。これ。
やっぱり体質かな?

人それぞれ

インターネットでちょっとだけ調べてみたのですが、人によって飲めないお酒と言うのは違うのですよね。
人によっては、僕と同じように日本酒が苦手だという人もいるし、ワインが苦手だとか、あとはチューハイが苦手だという人も見かけました。

ただし、何故人によって酔い方に違いがあるのかという、具体的な理由まではよくわかりませんでした。
いろいろと調べてみるとアルコールの種類が違うだとか、そのお酒を飲むときの気分によって違うのだとか、いろいろと理由はあるようなのですよね。
まあ、はっきりしたことはよくわからないというのが、わかったことです。

うーむ、まあざっくりと言ってしまうと、やはり人それぞれの体質が原因なのでしょうね。

今回の飲み会のように、飲まなくてはならない状況だったら、その場にあるお酒を飲むしかないですが、普段は自分の得意なお酒を飲むようにするべきなのでしょうね。

ちゃんぽん

ちゃんぽん」というのは複数の種類のお酒を一緒に飲んじゃうと、酔いやすかったり悪酔いしちゃう事が多いと言う現象のことです。

これ、経験上確かにある現象だと思います。
いろんなお酒を、交互に飲んだりすると飲んだ量とかもよくわからなくなってしまいますからね。
だから、ちゃんぽんをするとついつい飲み過ぎてしまって、次の日に残ってしまいやすいのかもしれません。

僕の場合は特に日本酒とその他のお酒をガンガン飲んじゃうと、思い出したくないくらい気持ち悪くなってしまったと言う経験があります。

日本酒は、けっこう飲みやすいし、その上でその他のお酒も加わってしまうと、ホントに良くわからなくなってしまって飲み過ぎてしまうのかもしれません。
ちゃんぽんは危険ですよ〜
ついつい、やっちゃいますけどね。

まとめ

いろいろと調べてみたのですが、体質によってお酒の得意不得意が存在する正確な理由はよくわかりませんでした。
でも、やっぱり個人的には体質の違いと言うのは関係すると思うのですよね。

日本酒を飲んだ時の悪酔い率は非常に高いですからねぇ・・・
日本酒は美味しいものはすごく美味しいし、興味もあるので、あまり飲むことが出来ないのがちょっと残念ではあるのですが・・・
まあ、こればっかりは仕方がありません。

もしかしたら、美味しい日本酒はスルスル〜っと飲めちゃうので、飲み過ぎちゃうだけかもしれないですけどね。

二日酔いになったり、飲んでいる最中に気持ち悪くなったりしたら、せっかくの美味しいお酒が台無しになってしまいます。
というわけで、飲み過ぎには注意して、楽しいお酒ライフを過ごしていきたいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。